頚椎の不具合が原因となって起こり得る症状

頚椎

リラクゼーションを定期的に受けたくなるという方は、たとえ自覚がなくても頚椎が健全な状態ではなくなってしまっている可能性が高いです。

頚椎が本格的に不具合を起こすと様々な不調を引き起こします。手のしびれや頭痛は代表的なものですが、他にもめまいや耳鳴り、不眠や慢性疲労、自律神経失調症なども頚椎の不具合が関わっている事があります。

他にも俗にストレートネックと呼ばれる、頚椎の前への湾曲がないタイプの方などは、後頭下筋群や斜角筋、胸鎖乳突筋などが硬くなりやすく、上部頚椎の関節のジョイントプレイも失われやすい傾向がありますので、気を付ける必要があります。

例えばこれは「頚椎調整あるある」だと思いますが、施術が終わった後「目が良く見えるようになった」という方が結構いらっしゃいます。そのようなケースでは、もし施術前と後で視力検査をしていれば、実際に視力は回復しているはずです。

視覚の変化というのは知覚できるひとつの例にすぎませんが、頚椎は位置的に脳に近く、脊髄の入れ物としても体に対しては大きな影響力を持っています。

実際に世界的には頚椎を良い状態に調整する事で思わぬ病気が治った、思わぬ恩恵を受けた、という逸話が残っているほどです。

首の痛みや可動域の制限、例えば上を向きにくいなど自覚できる症状がなくても、頚椎が健全な状態ではない方は実はたくさんいらっしゃいます。つまり多くの方が知らずに本来自分の体が持っている機能や能力を充分に発揮できないコンディションに少なからず陥っているという事です。

私は何もかも頚椎のせいにする気はありませんが、もし人間の体の中で生涯を通じて最も大切に扱うべき場所をひとつだけ選べと言われれば、迷いなく頚椎を選びます。

みなさんも出来るだけ健康に、良い体調で人生を歩むために、ぜひとも頚椎を大切にして下さいね。

tel:0667927531 お気軽にお電話下さい。
整体院ブリーズ

大阪市平野区平野東2-8-4